スポンサーリンク

鬼滅の刃 霞柱 時透無一郎(ときとう むいちろう) ネタバレ注意

アニメ
スポンサーリンク

時透無一郎(ときとう むいちろう)

年齢: 14歳

誕生日: 8月8日

身長: 160㎝

体重: 56キロ

出身地: 東京府南多摩郡景信山(八王子、景信山)

趣味: 紙切り、折り紙(特に紙飛行機はメチャメチャ、飛ぶらしい。)

好きな物: ふろふき大根

刀の色: 漆黒

階級:  霞柱(かすみばしら)

会得呼吸:霞の呼吸

時透無一郎の人物像とは

記憶する事が苦手だが、それは生前に双子の兄、有一郎から「無一郎の無は、無能の無」等と、罵倒を受けていたため無意識に心を閉じたせいと思われるが、上弦の伍 玉壺(ぎょっこ)との戦いで、危機に瀕していた時に、有一郎が亡くなる前に「無一郎の無は、無限の無」と言ってた事を思い出し、痣を発現させて危機を脱した。

刀を持ってから柱になるまでを二か月で成し遂げた天才剣士。「日の呼吸」の血筋と言われている。

物語終盤では、上弦の壱 黒死牟(こくしぼう)と対峙するが、手も足も出ない所を不死川玄弥(しなずがわ げんや)、不死川実弥(しなずがわ さねみ)と悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)によって救われ、その後、四人がかりで何とか黒死牟を倒した。

ただ、黒死牟を倒したのちに絶命している。

霞の呼吸 型一覧

●壱ノ型 垂天遠霞(すいてんとおがすみ)

●弐ノ型 八重霞(やえかすみ)

●参ノ型 霞散の飛沫(かさんのしぶき)

●肆ノ型 移流斬り(いりゅうぎり)

●伍ノ型 霞雲の海(かうんのうみ)

●陸ノ型 月の霞消(つきのかしょう)

●漆ノ型 朧(おぼろ)

霞の呼吸の解説 型一覧はこちら

時透 無一郎(ときとう むいちろう)の主な名言

 

・僕は、幸せになる為に、生まれてきたんだ。

 

鬼滅名言、まだまだありますよ良かったら見に来てね(^^)/

↓↓↓

鬼滅の刃 名言集はこちら

※参考資料 鬼滅の刃 公式ファンブック 鬼殺隊見聞録 、鬼滅の刃Wikipedia

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました