映画 鬼滅の刃 無限列車編 レビュー ネタバレギリギリライン

映画レビュー

こんにちは(^^)/
Shinです♪
鬼滅の刃の映画行ってきました。

公開から3日間で興行収入46億円ってすごいですね~

そして、煉獄さんかっこいいですね~

なんか、リーダーの中のリーダーといった感じでした(/ω\)

今回、入場特典もget出来たので、少し紹介出来たらと思います。

鬼滅の刃 無限列車編の内容とは?

早速、ネタバレしますので本編をまだ見ていないからネタバレはイヤという方は、ここまでにしといてください(; ・`д・´)

登場人物は?

  • 竈門 炭治郎(かまど たんじろう)
  • 竈門 禰豆子(かまど ねずこ)
  • 我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)
  • 嘴平 伊之助(はしびら いのすけ)
  • 煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)
  • 煉獄 瑠火(れんごく るか)
  • 猗窩座(あかざ)
  • 魘夢(えんむ)

所々、他の柱なども出ていますが、話のメインとなるのは上記になります。


内容は?

鎹鴉(かすがいがらす)から竈門 炭治郎達に指令があり、無限列車に乗り、煉獄 杏寿郎が「うまい!」「うまい!」と言いながら牛鍋弁当を20箱位積み上げている所に竈門 炭治郎が合流し、物語が始まります。

竈門 炭治郎が乗った無限列車には、すでに下弦の壱、魘夢(えんむ)が居り策略はりめぐらしていて、車掌や子ども達も魘夢の言うとおりに動いており、魘夢からすれば、乗客を含め、煉獄 杏寿郎や竈門 炭治郎達をアリジゴクに落としたような状態に持ち込んでいます。

話が動くのは、車掌が切符を確認しに来た時から、夢の中に強制的に入ってしまい、夢の中では、幸せな夢を誰もが見ており誰もがその夢を見続けたいと思う様な内容でした。

魘夢は正々堂々というよりかは、確実に殺したかったのでしょうね。

それでも、魘夢の策を破り、現実に戻って来た、煉獄 杏寿郎や竈門 炭治郎達の精神力は凄いと思います。

ただ、この魘夢戦は前哨戦にすぎず、この映画の本編は、魘夢戦が終わってからといっても過言ではないでしょう。


煉獄 杏寿郎生きざま

魘夢戦が終わり、皆が安心している時にそいつは現れました。

そう、

上弦の参、猗窩座(あかざ)

猗窩座は、竈門 炭治郎に襲い掛かろうとした瞬間、煉獄 杏寿郎が助けに入り難はしのげたが、ここから、純粋に強さを求める猗窩座と年追うのも人間だからこその煉獄 杏寿郎の戦いです。

もう、上記にあり、煉獄 杏寿郎自身も言っているように、価値基準が違う両者が想いを同じにするわけもなく、文字通り死闘が始まります。

この続きは、映画館でお楽しみください。

また、映画が終われば、もう少し詳しく書きたいと思います。


劇場で購入できるアイテムは?

  • パンフレット 豪華版
  • パンフレット
  • ランダム缶バッジ 全6種
  • アクリルマスコット 全6種
  • アクリルキーホルダー 全6種
  • シール
  • 下敷き 全3種
  • クリアファイル 全3種
  • 煉獄杏寿郎のうまい!うまい!ペン
  • 付箋セット
  • ぽてっとますこっと ぬいぐるみ 全6種
  • 缶バッジ&アクリルキーホルダーセット 煉獄杏寿郎
  • 魘夢のお眠り手袋
  • 煉獄杏寿郎の羽織りタオル
  • ハンドタオル
  • バッグチャーム 全5種
  • チャーム付きフィギュア 煉獄杏寿郎
  • 「誰も死なせない」煉獄ビックアクリルスタンド
  • 「美味イ!」レトロ看板風チャーム
  • 「美味イ!」レトロ看板ランチョンマット
  • 無限列車ステッカー
  • スクエア缶バッジセット A
  • スクエア缶バッジセット B
  • 夢の中へ アイマスク 全2種
  • みにきゃらランダムアクリルチャーム
  • みにきゃら A4クリアファイル
  • みにきゃら小物入れ巾着
  • みにきゃら集合シール
  • みにきゃら ぎゅぎゅっとフレークシール
  • 付箋メモ

※売り切れが多いみたいなので、在庫の有無は映画館のショップにお尋ねください。

鬼滅の刃 無限列車編 公式ホームページはこちら


グッズ紹介

今回、パンフレット 豪華版を購入したので簡単に紹介したいと思います。

外側のパッケージは、煉獄さんになってます。

カッコイイですね(´艸`*)

 

内容的には、パンフレットが一冊とラジオドラマが収録されているCDがひとつ入っています。

パンフレットは、映画製作にあたってこだわった点や苦労した点などの紹介や声優さんのインタビューが収録されています。

ラジオドラマCDの方は、煉獄さんが継子時代の恋柱 甘露寺 蜜璃(かんろじ みつり)と共に出ている物語の構成になってます(^^)

映画レビュー
ASOBIBA for coco+

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました